かんざえもん

文章を書いている間の脳みそのドライブ感を楽しみたいブログ

高木貞治『解析概論』みたいな本が読みたいというバランス感覚

 

高木貞治という立派な数学者がいて、

『解析概論』という微分積分学などについて書かれた本を

執筆した。

 

学生の頃は違う本で勉強したのだが、

今になって、それを読みたい。

 

 

高木貞治は確か「類体論」という整数論に関する理論を構築した業績が有名だったはず。

なんにせよ一流の数学者で、

そういう人の教科書を読みたい。

 

学生のころ、すこし読んだのだが、

無限級数を利用して、円周率の近似値を計算するとか(Matinの公式)

高次元球(1次元球が線分、二次元球が円盤、3次元球が球、、、、)の体積の求め方、

それからΓ関数やらβ関数やらがわかりやすく、応用にも富んで紹介されていたので

そこらへんを含め、もう一度、勉強したい感が強い。

 

 

教科書での語りかけ方もよかったよな、、という印象がある。

数学の心を教えてくれるような書き方だったと思うし。

 

数学初心者のころに、あの分厚い電話帳みたいな数学書を読みこなすことはかなり不可能に近かったと思うが、大学院まで出て、

数学がわりかしできるようになったあとなら、結構楽しく読めるのではなかろうか、という気がする。

 

 

肉体労働が最近多いせいか、頭脳を酷使したい欲求が起きているのか、数学をしたくなる。無駄にナンプレとかしてるし。

 

 

数学の復習をして、意味があるのか、どこかに役立つのか、、、

そんなことは知らないが、心身のバランスからそういうのを求めているようだ。

 

 

手始めに、

f(x)=sin x + e^x

という関数 f : R -> R に関して、

f(R) = (-1, ∞)

であることでも考えてみている。